無料オンライン面談実施中!!

会計ソフト入力をラクにするには

会計ソフト入力をラクにする方法

日々の会計ソフト入力(記帳業務)には多くの時間がかかるものです。
しかし、企業を成長させていくためには、経理業務にかかる時間や人員を圧縮し、本業に集中させていくことが重要です。

会計ソフト入力を少しでもラクにする4つの方法は下記です。

勘定科目ルールの決定

・入力する際に勘定科目を毎回検討していて、入力作業に時間がかかっている・・・
・同一取引なのに異なる勘定科目になっていることがある・・・

これらは勘定科目ルールを明確に決めておくことで、改善ことができます。
会社の見たい数字から考えて勘定科目ルールを決定します。

どの様なルールが自社にとってベストなのか、迷われた場合には顧問税理士や専門家に相談すると良いでしょう。

種類別にまとめて入力

会計ソフトは自動で日付順にデータを並び替えてくれます。
その為、日付順に証憑を並べて入力するのではなく、種類別に証憑を並べて入力した方が、効率的に入力作業を行うことができます。

クラウド会計の活用

マネーフォワードクラウド会計や会計freeeが有名ですが、クラウド会計は、銀行取引データやクレジットカードデータの連携や、自動仕訳が可能です。
自社にあったクラウド会計ソフトを選定し、基本設定時に各種データの連携を徹底し、自動仕訳を学習させていくことで、会計ソフト入力にかかる時間を圧縮することができます。

※クラウド会計ソフトの選定や導入に関してもお気軽にご相談ください。

アウトソーシングの活用

外部へ記帳をアウトソーシングすることも1つの方法です。
記帳代行(アウトソーシング)を行う場合、証憑をまとめて外注先へ共有し、質問に回答するだけで会計ソフト入力が完了します。
経理代行を活用することにより最大80%の工数削減が可能です。

経理代行サポートメニュー
PAGETOP
会社情報